2013年09月20日

韓国の文化解禁令!日本のマンガの浸透率は・・!

●韓流ブームの日本マンガの影響って?
韓国に与えた日本のマンガの影響は、台湾とさほど変わりません。ただし、一つだけ違うところは、反日感情が大きく影響している点です。また、日本のマンガが広がった経緯も違います。なぜなら、反日の影響で、日本の文化を正式に輸入するルートはなく、ほとんどが海賊版、ネットなどで広がったからです。

また、韓国で放送・出版されているのは、日本のアニメ、マンガにも関わらず、日本文化的な描写、表現は全てカット、また、主人公の名前を変えるなどしているため、ほとんどの若者は、日本のアニメやマンガだという認識がなかったということです。これらを正式に解決に導いた指導者が、金大中大統領です。日本との文化交流の解禁令を出したのです。それが今の日本での韓流ブームにもつながっているということがいえるのだと思います。
ラベル:韓国 韓流
posted by マンガ・マニ郎 at 15:24| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

社会背景に色濃く影響したフィリピンでの日本マンガヒット作とは!?

●マンガの人気は社会背景にあり!?
というのは、フィリピンで大ヒットなった日本のマンガ「ボルテスV旋風」の事例からです。このマンガは、地球侵略の悪者を退治して、日本を守るというストーリーだったのですが、当時、フィリピンではマルコス政権の悪評が言われている最中だっただけに、

正義もののマンガが人気を博したと言われています。ただ、それを恐れたマルコス政権は、「ボルテスV旋風」の放送を中止としてしまいます。放送中止の原因は、表向きは暴力的な色彩の強いマンガは子供に悪い影響を与えるとされていますが、実際のところは、正義が悪を倒すというイメージが、マルコス政権を倒すという、国民の扇動を仰ぐ恐れがあったかもしれません。
posted by マンガ・マニ郎 at 15:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

世界で絶大のシェアをほこる日本の漫画!

●海外での人気のマンガって?!
日本のマンガは、世界でも流行しており、まさに日本はマンガ大国とされています。ヨーロッパやアメリカ、お隣の国、中国での大流行です。その中でももっとも人気を博しているのが、NARUTOと言われています。それと同格に値するのが、ワンピースです。日本では、ワンピースの方が、NARUTOを上回って絶大な人気を誇っていますが、世界で受けているにはワケがあるのです。

NARUTOの内容が、忍者をテーマにしているという点です。日本=忍者という認識が強い、欧米諸国では、日本独自のテーマを題材にして、漫画に興味津々だということです。口コミでの宣伝効果も手伝っていることは間違いないかと思われます。また、ヨーロッパのマンガシェアの約50%が日本のマンガで占めているというから、すごいと言わざる得ませんね。
posted by マンガ・マニ郎 at 15:22| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。