2013年09月20日

日本の漫画家にとっての、段階的ヒットの仕組みとは?!

●日本の漫画~ヒットまでの階層!
日本は漫画大国だといわれる所以は、やはり古い歴史的な理由が存在しているからに他なりません。ただ、見過ごしてはならないのは、漫画が登場するまでを段階的に精査してるということです。まず、審査の通った漫画は、週刊誌や月刊誌に掲載されます。ここで人気が出れば、コミックとして出版されます。

つまり、週刊誌や月刊誌というコストの安い段階で、マーケティング及びPR活動をし終えていると言えます。また、マンガのジャンルを細かくカテゴライズして、顧客対象を区分けしていることが、漫画がここまで広まった理由の一つだといえます。それに引き換え、海外諸国の中でもヨーロッパでは、漫画の単価が高く、単行本1冊の値段が700円~1200円ほどと言われていて、敷居は高そうです。
posted by マンガ・マニ郎 at 17:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。