2013年09月20日

フランスでの日本漫画の公用語★「manga」

●フランスは、なんと世界大3位の消費大国!
フランスでは、日本のマンガのことを「manga」として、公用語としています。ヨーロッパ諸国の中でも、特にフランスに日本の文化が浸透している理由の一つに、シラク大統領の影響力が挙げられています。シラク大統領は、親日家だからです。日本のマンガもきちんとしたルートにより、輸出されており、2000年には既に約400億円近い販売実績があります。

また、フランスでは毎年ジャパン・エキスポのイベント(2000年~)が開催されています。2011年のイベントには、約20万人が集まり、ビックイベントとして大成功を収めています。まさに、フレンチ・オタクの集合場所として、知らないフランス人はいないというから、マンガの影響力って、国境を超えちゃうんですね。
posted by マンガ・マニ郎 at 16:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。