2013年09月20日

萌えとエロ文化=同人誌の拡大を解く!

●萌え文化の登場~同人誌の拡大!
萌え文化は、同人誌市場ではかかせないテーマでもあります。同人誌とは自分で想像した手書きの漫画です。正規に登場するヒロインをエロく描いたり、好きなポーズ、好きなストーリーに登場させたりして、描き手は楽しみます。その約8割はエロだといっても過言ではありません。

オタクの祭典でもあるコミックマーケットでは、萌え系の漫画やエロ、同性愛をテーマにしているものの、女性の参加者も多く、今では受け入れられているようです。大ヒットした有名な漫画は「うる星やつら」等。萌え系が発展している背景には、パソコンのCG技術などのレベル向上により、素人でもプロ並みの編集ができるようになったことも起因しているようです。
posted by マンガ・マニ郎 at 18:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

サザエさんと、社会風色彩の関わりについて!

●庶民の大ヒット作!サザエさん!
漫画は、世相に反映しているという話をしましたが、日本国内で流行る漫画についても、世相によって変化しています。戦後の人気漫画は、サザエでした。これは男性社会中心の戦後に、女性が自由闊達さが受けて、なんと50年近くの連載が続いています。

社会風刺的色彩の強い漫画は、世の大多数の方に受け入れられ、長編での連載が続くケースが多いようです。また、マンガだけでなく、マンガが世の中に出るためにインフラ、つまり、印刷や出版業界の発展も、マンガを世の中に広げることについて必要不可欠だということです。
タグ:サザエさん
posted by マンガ・マニ郎 at 18:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

日本はマンガ立国=マンガは文化?!

●日本ってやっぱりマンガがすごい!
アメリカと日本を比較すると、アメリカは映画立国、対して、日本はマンガ立国と言えます。マンガがヒットしてから、アニメ化され、それに関するゲーム、キャラクターグッズの販売なども収益とされます。例えばドラゴンボールは、累計1億部発行されているというから、まさに日本のほぼ総人口といってもいいのかもしれません。

マンガだけで市場規模が5000億円あるといわれており、その他の娯楽なども含めると日本は娯楽大国と呼び換えてもいいのかもしれません。江戸時代がマンガの起源と言われており、日本はマンガと共に成長してきたといっても過言ではありません。
posted by マンガ・マニ郎 at 18:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。